Spectacular Journeys: Cable Car Rides

11 Results found

11 Results found

Search filtered using the following tags

11 Results found
  • フィルスト展望台

    グリンデルワルトから簡単にアクセスできる展望ポイントとして人気のフィルスト。フィルスト山頂までグリンデルワルトからロープウェイで結んでいます。眼下にはグリンデルワルト谷、正面にはシュレックホルン、ヴェッターホルン、アイガーなどベルナーアルペン(アルプス)の名峰群が広がる眺望が魅力です。 夏から秋にかけて、澄みきった湖水に美しい山を写しとるバッハアルプゼーや、さらに奥のファウルホルンまで足をのばすハイキングがおすすめ。冬はウィンターハイキングやソリのコースが充実しています。 ロープウェイ路線の途中駅のボルト、シュレックフェルトにもそれぞれレストランがあり、テラスからはそれぞれ異なる眺望が楽しめます。春は白い雪が残る山と裾野に広がる黄色い花々が美しいボルト周辺のハイキングがおすすめ。四季折々の魅力を満喫できるスポットです。
    詳細をみる: + フィルスト展望台
  • A hike to Fluonalp by sunrise

    A ride in a cable car, a legendary hiking trail, a summit at sunrise and a rustic mountain hut where you can even make Alpine cheese – the perfect mountain hike experience awaits on the Fluonalp above Lake Lungern!
    詳細をみる: + A hike to Fluonalp by sunrise
  • ハーダークルム展望台

    眼下に美しいブリエンツ湖、トゥーン湖とインターラーケンの町、正面にはアイガー、メンヒ、ユングフラウの3名山を含むアルプスの山々が広がるハーダー・クルムは、インターラーケン・オスト駅から川をはさんで向かいの駅から発着するケーブルカーが麓駅からわずか8分で山上駅に結びます。時間がない方でも気軽に楽しめる絶景スポットとして人気の展望台。クラシックなレストランも人気です 同じ鉄道グループのユングフラウ鉄道(クライネ・シャイデック=ユングフラウヨッホ)が2012年に全線開通100周年を迎えることを記念して、ユングフラウ鉄道グループ施設のひとつハーダ・クルムの展望台に新たな見どころが完成しました。 これまでの展望ポイントから先にのびる約55平方メートルのウッドデッキは、ブリエンツ湖とトゥーン湖の間にあたる位置なので、 “ツヴァイ・ゼーン・シュテーク(二つの湖の橋)Zwei-Seen-Steg”と呼ばれています。まさに天空の橋といった雰囲気の展望デッキで、空中を歩いているかのような感覚を体験してみてください。 2014年からは日の長い夏でも素晴らしい夕陽の瞬間が楽しめるようにサンセット特別運行がスタート。今まで見れなかった感動の絶景体験が評判となり、今年もサンセット運行の継続が決定。2015年からは山頂にあるレストランでも夜間営業をおこなうことになりました。訪問客の増加に対応するべく、2017年夏にはパビリオン(展示館)のようなモダンなデザインの別館が新設され、一層便利になっています。 ユングフラウ地方の情報 インターラーケンの情報
    詳細をみる: + ハーダークルム展望台
  • ローデルバーン・エッシネンゼー

    神秘的な山上湖として有名なエッシネン湖へ、カンデルシュテークから結ぶロープウェイの山上駅から楽しめる全長750メートルのアルパイン・コースター。世界遺産に認定されたエリアでアルプスの山々が広がる絶景を堪能できるでしょう。
    詳細をみる: + ローデルバーン・エッシネンゼー
  • ティトリス山(標高3238m)

    中央スイス地方とベルナーオーバーラント地方の間。氷河と万年雪が広がる名峰ティトリス山へ、世界初の回転する空中ロープウェイ「ロッテールTITLIS Rotair」が結びます。標高約3000mの山頂エリアは1年を通してスノースポーツが楽しめることで人気のリゾートです。一面に広がる白銀の世界で、スリリングな吊り橋を歩いたり、スノーチューブで滑り降りたり、氷河の内部を探索できる氷河洞窟などアトラクションもいろいろ。 麓の町のエンゲルベルクから山頂駅へ結ぶ途中駅にあたる山上湖「トリュプゼー」の周辺は春から秋にかけて、ハイキングやマウンテンバイクなど多彩なアクティビティが魅力です。
    詳細をみる: + ティトリス山(標高3238m)
  • Hiking on Mount Pilatus

    Lucerne’s Pilatus mountain (2,118m above sea level) boasts some of the most spectacular views in Switzerland. From the summit, you can see across the Central Swiss Alps and the Jura all the way to France and the Black Forest in Germany.
    詳細をみる: + Hiking on Mount Pilatus
  • シュトースバーン【ケーブルカー】

    シュラットリ/シュヴィーツ(麓駅)=シュトース(山頂駅)【ケーブルカー】 Schlattli/Schwyz (562m)=Stoos(1306m) シュヴィーツ郊外のシュラットリからガソリン車乗り入れ禁止のアルプスの山村シュトースまで結ぶケーブルカー。1933年から運行してきた伝統の路線が、構想から14年の歳月を経て、2017年12月17日に最新のケーブルカーにリニューアル・オープン。最高勾配110%(1100パーミル)でスイスにあるゲルマーバーンの記録を抜き、世界一急勾配のケーブルカーとなりました。アルプスの険しい山の斜面をのぼっていく虫のような、ドラム型キャビン(客車)をつなげた独特の形も話題を集めています。
    詳細をみる: + シュトースバーン【ケーブルカー】
  • ゲルマーバーン

    ハンデック Handeck (1412m) = ゲルマーゼー Gelmersee (1860m) グリムゼル峠からアーレ川の流れにそってマイリンゲンを通り、ブリエンツ湖の南東までのびるハスリ谷(ハスリタール)のハンデックにあるケーブルカー。もともとは、山上にある貯水湖での水力発電の作業用につくられたものでしたが、現在では観光客が楽しめるようになりました。高さ1860mまで最大斜度106% という急斜面をのぼる感じは遊園地のアトラクションさながら。2017年末に最高記録が塗り替えられましたが、世界で二番目に急勾配のケーブルカーともいわれています。
    詳細をみる: + ゲルマーバーン
  • ディアヴォレッツァ

    ベルニナ・ディアヴォレッツァ駅から125人乗りの大型ロープウェイでわずか10分。ベルニナ・エクスプレスの走るベルニナ線の旅と組み合わせることができる人気の絶景ポイントです。山頂駅と直結したレストラン前に広がるのは、1年中、万年雪と氷河に覆われた白銀の世界。眼前には間近に迫る雄大なピッツ・パリュPiz Palü (3905m)とペルス氷河 Persgletscher、右にベラヴィスタBellavista(3922m)、その奥にピッツ・ベルニナPiz Bernina(4049m)、左にピッツ・カンブレナPiz Cambrena(3604m)とベルニナ・アルプスの名峰が連なる壮大なパノラマビューを存分に満喫できます。 山頂にある「ベルグハウス・ディアヴォレッツァ」は、標高約3000mにあるとは思えないほど、メニューも豊富でクオリティも高く人気のレストラン。屋内の席も大きな窓から十分に眺望が楽しめますが、天気が良ければ外のテラス席がおすすめ。アルプスの絶景と澄み切った空気のもと、ビールや食事がすすみます。簡易ドミトリーですが宿泊も可能です。
    詳細をみる: + ディアヴォレッツァ
  • シルトホルン(標高2970m)

    アルプスの壮麗な眺望が楽しめるシルトホルン山頂へは、シュテッヘルベルクまたはミューレンから空中ケーブルを乗り継いで登っていきます。山頂の展望台(スカイライン・ビュー展望台 Skyline View Plattform) からは、ぐるり四方に広がる200峰を超える山々の大パノラマビュー。アイガー、メンヒ、ユングフラウの三名山を含むベルナーアルプスはもちろんのこと、ティトリスやリギ、ピラトゥスなど中央スイスの山々、エメンタールの谷、奥にはジュラ山脈、フランスのモンブランからヴォージュ山脈、ドイツのシュヴァルツヴァルト(黒い森)まで望むことができます。 展望台とつながっている360°回転レストラン『ピッツ・グロリア Piz Gloria』はかつて映画『女王陛下の007』のセットとしてつくられたもの。ゆっくりと移り変わるアルプス風景を眺めながらお茶や食事をお楽しみいただけます。 シルトホルン展望台の原点となった007映画の世界を体験できる「ボンドワールド Bond World 007」と新しい展望台「ピッツ・グロリア・ビューPiz Gloria View」が誕生しました。従来の展望台からはできなかった「ピッツ・グロリア」と一緒に三名山を撮影できるポイントです。 乗り換えの中間駅ビルクは、より近くで迫力の三名山が楽しめる絶景ポイント。空中に浮かんでいるような新展望デッキ「スカイライン・ウォーク」、切り立った崖につくられたスリリングな遊歩道「スリルウォークThrill Walk」など、次々と新しい施設やアトラクションがつくられています。 ビルクの情報 ボンド・ワールド007の情報
    詳細をみる: + シルトホルン(標高2970m)