Hint

Intro

言語:ドイツ語|カントン:ザンクト・ガレン St.Gallen(SG)|標高:409m チューリヒ湖畔にたたずむ小さな町ラッパースヴィール。ドイツからアインジーデルンへと向かう巡礼道の一部で、高台にある13世紀の古城をはじめ、カプチン会修道院や教会、町の小道などに中世の雰囲気が残っています。近年修復された湖の対岸へと結ぶ木造の橋は、ハプスブルク家によって14世紀に架けられたもので中世の巡礼道を結ぶポイントのひとつ。 町の紋章にも描かれている“薔薇(バラ)”の町として有名。3つのバラ園を中心に各所で栽培されている約600種、15000本以上のバラの花が6月〜9月にかけて咲いていきます。

2007年1月から隣接するヨナJonaと合併し、自治体としてはラッパースヴィール=ヨナとなりました。もともと2本の薔薇が紋章でしたが、チューリヒ湖に流れ込むヨナ川をイメージした青線がひとつ加わった紋章に変更されています。

News

The news listed here is maintained by the regional / local tourist offices, which is why Switzerland Tourism can not guarantee the content.

  • In addition to being a car-free medieval town, Rapperswil, the city of roses, has a great deal to offer namely a lovely bathing resort, a castle with a Polish museum, Knies Children's Zoo, a wooden bridge to Hurden, etc. A visit to this picturesque town is definitely worth your while.

Hint

Overview
ラッパースヴィール
チューリヒ地方 Zurich Region
Show on map

イメージギャラリー

360°パノラマ

  • Pano360NotAccessibleTitle

ハイライト

観光ポイント

ラッパースヴィールのホテル

INFO: ラッパースヴィール

Discover チューリヒ地方 Zurich Region