ミュージアム(博物館・美術館)

30 Results found

30 Results found
30 Results found
  • 自動演奏楽器博物館

    世界中の愛好者を驚かせた600点を超えるオルゴール、自動演奏楽器、自動人形などの貴重なプライベート・コレクションがスイス連邦に寄贈され、バーゼル郊外のゼーヴェンに国立博物館のひとつとして2000年にオープンしました。伝説のオルガンといわれるブリタニック号のオルガンも必見です。
    詳細をみる: + 自動演奏楽器博物館
  • オリンピック・ミュージアム

    国際オリンピック委員会(IOC)本部のあるローザンヌに1993年開館したオリンピックの殿堂。開館10周年におこなわれた大規模拡張工事を経て、2013年12月にリニューアルオープンしました。過去のオリンピックのすべて、スポーツの歴史と数々の感動の瞬間がつまった世界唯一のオリンピック博物館。スイス旅行の際にはぜひ訪れたいスポットです。
    詳細をみる: + オリンピック・ミュージアム
  • オスカー・ラインハルト美術館

    世界的に有名な美術蒐集家オスカー・ラインハルトのコレクションを展示する美術館。市立公園(シュタットガルテン)の中に建つ旧校舎を使った建物に、18世紀末〜20世紀中旬のドイツ語圏の名画や、15世紀から20世紀にかけて活躍したヨーロッパ巨匠たちの素描・版画などあわせて約7500点の所蔵品を展示しています。
    詳細をみる: + オスカー・ラインハルト美術館
  • ベルン美術館

    スイス最古の美術館。8世紀にも渡るヨーロッパの名画がそろうスイス屈指のコレクションです。ベルンにゆかりのある芸術家の作品も充実しています。
    詳細をみる: + ベルン美術館
  • エリゼ写真美術館

    世界トップレベルの写真美術館。レマン湖を見下ろす広い庭園に囲まれた18世紀の美しい邸宅に、19〜20世紀の有名写真家たちのオリジナルプリントなど、約10万点のコレクションを所蔵しています。
    詳細をみる: + エリゼ写真美術館
  • Vaud Museum of Fine Arts (MCBA)

    Opened in 1841, the Vaud Museum of Fine Arts in Lausanne is one of the oldest museums in Switzerland exclusively dedicated to art. The museum presents several temporary exhibitions each year from its collection of 10,000 works.
    詳細をみる: + Vaud Museum of Fine Arts (MCBA)
  • スイス交通博物館

    ヨーロッパを代表する交通博物館のひとつ。20000平方メートルの広大な敷地内に、陸・海・空・宇宙すべての交通機関の歴史を多彩な展示やアトラクションで紹介。スイスで最も来訪者が多いミュージアムといわれています。
    詳細をみる: + スイス交通博物館
  • メゾン・ド・グリュイエール(チーズセンター)

    年間29000トンつくられるスイスを代表するグリュイエールチーズ。その名前の由来でもあるグリュイエールの町に近いプランジーPringyにある近代的なチーズセンター。見学できるチーズ工場でもあり、周辺のアルプで放牧する36軒の契約農家が1日に2回、しぼりたての生乳を持ち込み、チーズがつくられています。
    詳細をみる: + メゾン・ド・グリュイエール(チーズセンター)
  • マルタン・ボドメール財団

    約80言語で書かれた約15万点の書物を集めたボドメール氏のコレクションを一般公開するためにつくられたミュージアム。"人類の知の集大成"といわれる書物の世界です。
    詳細をみる: + マルタン・ボドメール財団
  • スイスミニアチュール

    スイス全国約120カ所の観光名所が実寸の25分の1のスケールで精巧に再現されているテーマパークです。1日でスイス名所をまわってみることができます。
    詳細をみる: + スイスミニアチュール
  • ベーの塩鉱山 (塩の採掘所)

    太古の海だったアルプス山脈の塩山。15世紀に発見されてから現在まで岩塩が採掘されています。1684年からの塩窟の歴史を伝えるミュージアムです。
    詳細をみる: + ベーの塩鉱山 (塩の採掘所)
  • FIFAワールド・サッカーミュージアム

    FIFA(国際サッカー連盟)本部のあるチューリヒの中心に、2016年2月28日にオープンしたサッカーの殿堂。世界中を熱狂させるサッカーの歴史や魅力をFIFAが所有する貴重なコレクションを通して広く伝えるためにつくられた世界唯一のサッカーミュージアムです。トロフィーやメダル、ユニフォームなど1000点以上のグッズ、4000点以上の文献、1400点以上の写真の数々を、最新のマルチメディア技術を駆使したインターラクティブな展示で紹介しています。2018年からはスイストラベルパスの特典であるミュージアムパスで無料入場できるようになりました。
    詳細をみる: + FIFAワールド・サッカーミュージアム
  • バイエラー財団(美術館)

    バーゼル郊外のリーエン(リーヘ)Riehenにあり、ギャラリーを経営し敏腕ディーラーとして名を馳せたバイエラー氏が集めた約200点のコレクションを所蔵、展示する美術館です。
    詳細をみる: + バイエラー財団(美術館)
  • バレンベルク野外博物館

    ブリエンツ郊外バレンベルクの豊かな緑に包まれた66万平方メートルの広大な敷地に、スイス各地から約100軒の古い建物が移築されています。日本でいえば「明治村」や「江戸村」のようなもので、18・19世紀のスイスの農民の暮らしを体験できるテーマパークです。2019年、日本の「ハイジの村」と姉妹提携しました。
    詳細をみる: + バレンベルク野外博物館
  • バーゼル美術館

    多くのミュージアムが集結する古都バーゼルを代表する美術館。4000点の絵画、彫刻作品、30万点のデッサンやポスターなど、約700年に渡るアート・コレクションはヨーロッパ屈指のレベルを誇っています。芸術がまだ王侯貴族のものだった時代、バーゼルの法律家バジリウス・アマーバッハが蒐集した美術コレクションを1661年にバーゼル市とバーゼル大学が買い取り、美術館として1671年から一般公開された、世界最古の市民による公立美術館ともいわれています。2013年にはロンドンタイムズ紙が選ぶ世界の美術館ランキングで5位を獲得したほど。その珠玉のコレクションは専門家たちに高く評価されています。
    詳細をみる: + バーゼル美術館
  • ピエール・ジアナダ財団

    ローマの大都市だったマルティニで発掘された遺跡をそのままとりこんだ神殿のような建物に、貴重な考古学資料からクラシックカーコレクション、印象派から近代まで有名な巨匠たちの名作をそろえた美術館など、幅広い展示を誇る国際的に有名なミュージアムです。
    詳細をみる: + ピエール・ジアナダ財団
  • チューリヒ美術館

    スイス最大規模のコレクションを誇るチューリヒ美術館。教科書でみたようなヨーロッパの美術史を彩る巨匠たちの傑作がそろっています。
    詳細をみる: + チューリヒ美術館
  • メゾン・カイエ(チョコレート工場)

    古くからの牧童の暮らしと伝統が息づくグリュイエール地方の山里ブロBrocにある、スイスの老舗ブランド「カイエCailler 」のチョコレート工場に併設されたビジターセンター/ミュージアム。漂う甘いチョコレートの香りの中、カイエの製品やブランドの歴史などを通してチョコレートの世界を体験できる人気のスポットです。
    詳細をみる: + メゾン・カイエ(チョコレート工場)
  • ヴィンタートゥール写真美術館

    世界屈指の美術館があるヴィンタートゥールに1993年に開館した写真美術館。現代の写真家やアーティストたちが集うアートフォーラムであり、また19・20世紀の巨匠たちの作品を所蔵・展示する古典の写真美術館でもあります。
    詳細をみる: + ヴィンタートゥール写真美術館
  • チャップリン・ワールド

    スイスを愛し、永住の地とした世界の喜劇王チャーリー・チャップリン。そんな彼の終の住処となった邸宅「マノワール・ド・バン Manoir de Ban」はヴヴェイ郊外コルシエにあります。大きな木々に周囲を覆われた美しい庭、アルプスと湖をのぞむ眺望、瀟洒な白亜のお屋敷に魅せられ、晩年の25年間、家族と幸せな時間を過ごしました。この特別な場所に、構想から約15年の時を経て、2016年4月17日、チャップリンの世界を紹介するミュージアム「チャップリン・ワールドChaplin's World」が誕生しました。
    詳細をみる: + チャップリン・ワールド
  • エルミタージュ財団

    ローザンヌ郊外の高台に建つ19世紀の由緒ある邸宅で名画を楽しむことができる美術館。常設展はなく、所蔵品を中心とする企画展を随時開催しています。
    詳細をみる: + エルミタージュ財団
  • パウルクレー・センター

    その半生をベルンで過ごした画家パウル・クレーが残した全作品の約40%にあたる4000点以上所有する大規模な美術館。世界随一のコレクションを誇っています。センターの設計はイタリア人の国際的に有名な建築家レンゾ・ピアノ。ベルン郊外に広がる緑あふれる郊外の丘陵地に、3つの特徴的な波型屋根が連なる、ガラスとスチールを基調にした建物も注目されています。
    詳細をみる: + パウルクレー・センター
  • ミュゼ・シーマ(オルゴール自動人形博物館)

    ジュラの山村サント・クロワは、時計の技術から発展をとげたオルゴール産業の中心地。かつての工場跡につくられた博物館でオルゴール、時計、からくり人形や自動人形の銘品をみることができます。
    詳細をみる: + ミュゼ・シーマ(オルゴール自動人形博物館)
  • ブルバキ・パノラマ

    1870〜71年の普仏戦争のワンシーンをエドゥアール・カストルEdouard Castresが10x110mの巨大キャンパスに描いたユニークなパノラマ図です。
    詳細をみる: + ブルバキ・パノラマ
  • スイス国立博物館(チューリヒ)

    チューリヒ中央駅のプラットホームから見える古城風の建物が1898年に開館したスイス国立博物館。スイスの歴史と文化を紹介する膨大なコレクションを展示しています。2016年からはモダンな新館も完成し、展示スペースが増えました。
    詳細をみる: + スイス国立博物館(チューリヒ)
  • MASI Lugano – Museo d’arte della Svizzera italiana

    Since its founding, Museo d’arte della Svizzera italiana (MASI Lugano) has been a cultural crossroad between the north and the south of the Alps. With an extensive exhibition at its two locations, the museum offers a comprehensive programme with activities for visitors of all ages.
    詳細をみる: + MASI Lugano – Museo d’arte della Svizzera italiana