Intro

世界屈指の美術館があるヴィンタートゥールに1993年に開館した写真美術館。現代の写真家やアーティストたちが集うアートフォーラムであり、また19・20世紀の巨匠たちの作品を所蔵・展示する古典の写真美術館でもあります。

イメージギャラリー

創設以来、購入や寄贈による所蔵品のほか、財団や民間企業などから委託された作品などを含めた膨大な写真コレクションを誇っています。アート写真だけではなく、博物館などから委託された工業・建築・ファッションなどの様々な分野から集められた産業写真も充実。警察の写真やダム建設、医療写真、プロダクト写真などをテーマにした特別展も開催され、広く写真の歴史と文化を伝える美術館となっています。

2003年からは「スイス写真財団 Fotostiftung Schweiz」と共同運営となり、隣接する新しい建物も加え、展示スペースを大幅に拡張。作品保管室、セミナールーム、ライブラリー、ミュージアムショップ、ビストロもあり、定期的に意欲的な企画展をおこなっています。

コレクションの軸となるのが、19・20世紀の有名写真家の作品。これまでに、ウジェーヌ・アジェEugène Atget、カール・ブロスフェルトKarl Blossfeldt、ビル・ブラントBill Brandt、ドロシア・ラングDorothea Lange、リゼット・モデルLisette Model、アルベルト・レンガー=パッチュAlbert Renger-Patzsch、アウグスト・ザンダーAugust Sander、チャールズ・シーラーCharles Sheeler、エドワード・ウェストンEdward Weston、ウィージーWeegeeなどの展覧会が行われました。

一方で、古典作品だけでなく、現代写真のコレクションにも定評があります。ルイス・ベルツLewis Baltz、ハンス・ダヌーザーHans Danuser、ウィリアム・エグルストンWilliam Eggleston、ハンス=ペーター・フェルドマンHans-Peter Feldmann、デイビット・ゴールドブラットDavid Goldblatt、ナン・ゴールディンNan Goldin、ポール・グレアムPaul Graham、アンドレアス・グルスキーAndreas Gursky、ローニ・ホーンRoni Horn、ロレッタ・ラックスLoretta Lux、ウルス・リュティUrs Lüthi、ボリス・ミハイロフ Boris Mikhailov、アルノルド・オダーマットArnold Odermatt、ジル・ペレスGilles Peress、ピピロッティ・リストPipilotti Ristなど、国内外の有名写真家の作品が所蔵されています。

INFO


●開館時間
11:00-18:00(水曜は20:00まで)

●休館日
月曜、聖金曜日、12/25、1/1

※特別な理由などで臨時休館になる場合があります。

★ミュージアムパス/スイストラベルパスで無料入館できます。

観光データ

Show Technical information content
シーズン
通年
所用時間の目安
約1〜2時間
旅行タイプ
家族旅行, グループ旅行, おひとり様, カップル・ペア旅行
Weather
屋内
カテゴリー
文化, 都市

Map

コンタクト:

Fotozentrum
Grüzenstrasse 44+45
8400 Winterthur
スイス

Phone +41 (0)52 234 10 30
info@fotostiftung.ch
fotostiftung.ch

Overview

Hint

Overview
ヴィンタートゥール
チューリヒ地方 Zurich Region
Show on map

Contact

Fotozentrum
Grüzenstrasse 44+45
8400 Winterthur
Phone +41 (0)52 234 10 30
fotostiftung.ch

INFO: ヴィンタートゥール

Discover ヴィンタートゥール