Hint

Intro

2001年にアルプス初の世界遺産として登録された「ユングフラウ - アレッチ - ビエッチホルン地域 Jungfrau-Aletsch-Bietschhorn」。ベルン州とヴァレー州にまたがる総面積539km2に、アイガー・メンヒ・ユングフラウというスイスが誇る3名峰とアルプス最大・最長のアレッチ氷河を抱く雄大な地域で、多様性のある気候帯、高山植物や動物など多彩な生態系、アルプスを代表する貴重な大自然とともに、アルピニズムの歴史、芸術や文学、山岳観光など多くの分野で重要な役割を果たしたことも評価されています。

2007年の第31回世界遺産委員会で、認定エリア拡張申請が承認され、ヴェッターホルンWetterhorn やブリュームリアルプ Blüemlisalp など2001年の登録エリアに入っていなかったベルナーアルプスの山々を含む東西にエリアをのばし、総面積も539km2から824km2まで大幅に拡大。より広い地域になったことや、スイスアルプスを代表する世界遺産としてより分かりやすいよう、登録名が「スイスアルプス ユングフラウ - アレッチ Swiss Alps Jungfrau-Aletsch」に変更されました。

アレッチ氷河

インフォメーション


<ユネスコ登録データ>
■登録名:Swiss Alps Jungfrau-Aletsch
■登録年:2001年、2007年(エリア拡張)
■分類:自然遺産

Hint

Overview
スイスアルプス ユングフラウ - アレッチ
Show on map

イメージギャラリー

スイスアルプス ユングフラウ - アレッチ のホテル

INFO: スイスアルプス ユングフラウ - アレッチ