クリーン&セーフ

Sils im Engadin, Silsersee

Hint

観光サービスの衛生と安全の新基準

 

 

国土の多くを占める森林、清らかな水をたたえる湖、山のフレッシュな空気。清純な大自然に恵まれたスイスは世界トップレベルの衛生、安全、健康のシステムを誇る国でもあります。スイスの観光業界では、観光客の皆様がスイス旅行を安心して楽しんでいただけるよう、新型コロナウイルスの感染拡大で注目されるこの分野をより一層強化してまいります。

Clean & Safe

 

スイス政府観光局は「クリーン&セーフ」キャンペーンをサポートしています。
観光施設、宿泊施設、交通機関などが、それぞれの業界で責任をもってさまざまな衛生・安全対策に取り組んでいます。

※ロックダウンルールが徐々に緩和されるにつれて、安全基準・対策の要件の一部が変更されていく可能性があります。


安全コンセプトに関する一般情報 関連業界、企業、イベント主催者は、お客様の安全を目的とする新しい基準や対策を制定しています。 これらは、衛生と行動に関する規則、および連邦公衆衛生局(FOPH)と州経済局(SECO)によって発行された「公衆衛生と従業員保護のガイドライン」に基づいています。 新型コロナウイルスによる感染からお客様や参加 者を可能な限り保護することを目的として、イベント主催者や企業は、必要な社会的距離と衛生対策を計画し、実施する必要があります。

安全対策(抜粋)

  • 従業員やゲスト同士は、互いに2メートルの距離を維持する必要があります。
  • 従業員もゲストも定期的に手洗いなどの手指消毒が必要です。
  • 人が触れるモノや設備の表面は、必要に応じて定期的に洗浄する必要があります。
  • 特定のリスクのある人には適切な保護を提供しなければなりません。
  • 職場で体調を崩した人はマスク着用のうえ自宅に帰宅し、連邦公衆衛生局(FOPH)が発行している隔離の指示に従ってください。
  • 安全を確保するため、職種や職場に応じて必要な対策を考慮しておこなう必要があります。
  • 常に安全対策や要件について、従業員やゲストに広く告知・周知させる必要があります。
  • 必要な安全対策は管理者レベルで効率的かつ確実に実行される必要があります。
FOPHの詳しい情報はこちら(英・独・仏・伊)

クリーン&セーフ 宿泊業界の取り組み

 

 

 

Clean-and-safe


スイスホテル協会「オテルリースイス HotellerieSuisse」、外食ホテル協会「 ガストロスイス GastroSuisse 」、非ホテル宿泊施設協会「パラオテルリー・シュヴァイツ Parahotellerie Schweiz 」では、ホテルやオーベルジュ、簡易宿泊施設や療養施設など、すべての宿でにおいて、清掃・消毒・従業員のサービスなど、さまざまな分野での特別対策を強化しています。

安全対策(抜粋)
  • 手指衛生:定期的に手洗いを実施。可能な限りものや表面を直接触らないようにします。
  • 社会的距離:お互いの距離を2mほどとるようにし、移動や待機するための場所を設置(場合によっては分散のための部屋を用意)、密な状態にならないように人数を制限・管理します。
  • 清掃・消毒:複数の人が触る可能性のあるモノや設備の表面を定期的に清掃・消毒する。十分な空気が交換されるように換気を徹底します。
  • 既存の法定の衛生および安全規制を引き続き遵守します。
詳しい情報はこちら(独・仏・伊)

Lenzerheide, Guarda Val_4

クリーン&セーフ 飲食業界の取り組み

 

 

Clean & Safe


スイスホテル協会「オテルリースイス HotellerieSuisse」、外食ホテル協会「 ガストロスイス GastroSuisse 」では、お客様がレストランでの快適なグルメ体験を楽しんでいただけるように、飲食業界の独自基準を制定し、推進してまいります。

 

安全対策(抜粋)

  • 手指衛生:レストランに入る前に手洗いまたは消毒する必要があります。
  • 社会的距離:他のゲストや従業員と2メートルの距離を保ちます。
  • 会計・支払い:可能な限り、ICチップ付きカードなど非接触型の支払い手段を使います
  • 着席サービス:飲食時には着席するまたはテイクアウトを利用する。ナイトクラブはこの規則から除外されます。
  • 個人データ:4人以上のグループにサービスを提供する場合、レストランはグループごとに少なくとも1人の連絡先(名前と電話番号)を取得する必要があります。
  • 営業時間:深夜0時から午前6時までの営業は許可されません。このルールはナイトクラブやダンスバーにも適用されます。
詳しい情報はこちら(独・仏・伊)

 

UrbanKaffee, Zürich

クリーン&セーフ スパ・ウェルネス業界の取り組み

 

 

 

 

 

 

 

Clean & Safe


 

スイスホテル協会「オテルリースイス HotellerieSuisse」、外食ホテル協会「 ガストロスイス GastroSuisse 」では、お客様がプール、サウナ、スチームバスなどのスパ・ウェルネスプログラムを安心して楽しんでいただけるように、独自基準を制定し、推進してまいります。


詳しい情報はこちら(独・仏・伊)

Hotel frutt Lodge & Spa, poolview

クリーン&セーフ セミナー・会議の取り組み

 

 

 

 

 

 

Clean & Safe


スイスホテル協会「オテルリースイス HotellerieSuisse」では、ホテルでの会議・研修・セミナーなどを安全におこなっていただくため、独自基準を制定し、推進してまいります。
詳しい情報はこちら(独・仏・伊)

 

 


Glacier 3000, Gruppenbild Asia Trophy 2019

クリーン&セーフ 鉄道・公共交通機関の取り組み

 

 

Clean & Safe


スイス連邦鉄道SBBを中心とする鉄道や公共交通機関では、清掃や消毒など強化した衛生対策のほか、密を避けてご利用いただけるように混雑状況をご案内するなど、さまざまな基準・要綱を制定し、推進してまいります。

 

安全対策(抜粋)

  • 社会的距離を確保する。
  • 必ずマスクを着用する。
  • 密となるピーク時間を避ける。
  • チケットをできるだけオンラインで購入する。
  • 法定の衛生規則を遵守する。
詳しい情報はこちら(英語)

 

Rhaetische Bahn: Berninalinie

クリーン&セーフ 旅客船の取り組み

 



Clean & Safe


「スイス旅客船協会 Verband Schweizerischer Schifffahrtsunternehmen (VSSU)」では、お客様が湖や川での遊覧船や定期連絡船を安心してご利用いただけるように、独自基準を制定し、推進してまいります。

 

安全対策(抜粋)

  • 社会的距離を確保する。
  • 必ずマスクを着用する。
  • 密となるピーク時間を避ける。
  • チケットをできるだけオンラインで購入する。
  • 法定の衛生規則を遵守する。
  • 定期的な清掃を実施する。
詳しい情報はこちら(英語)

 

Thunersee, Schifffahrt Winter mit Spiez im Hintergrund

クリーン&セーフ 山岳交通の取り組み

 

 

 

 

 

Clean & Safe


スイス山岳交通協会「ザイルバーネン・シュヴァイツ Seilbahnen Schweiz (SBS) 」では、ロープウェイやケーブルカー、登山鉄道などの安全基準を制定し、推進してまいります。

安全対策(抜粋)

  • 手指衛生:石鹸または手指消毒剤での手洗いの場を用意します。
  • 清掃・消毒:複数の人が触る可能性のあるモノや設備の表面を定期的に清掃・消毒する。十分な空気が交換されるように換気を徹底します。
  • 社会的距離:ゲストが社会的距離を確保できるようにフロアマーキングや看板などを準備します。
  • 人数制限:車両やゴンドラの人数制限はありません。公共交通機関やエレベーター利用と同じく、利用者がそれぞれ密を避け、社会的距離をとるようにしてください。
  • フェイスマスク:必ずマスクを着用してください。
  • 会計・支払い:接触を避けるためチケットはオンラインでの購入をおすすめします。また、チケット売り場で購入する場合は、スペースを確保した状態で列に並び、可能な限り、ICチップ付きカードなど非接触型の支払い手段を使います
  • 従業員の安全:お客様と従業員の安全のため、チケット売り場などには仕切りのアクリル板を設置し、必要な社会的距離が確保できない場合、スタッフはマスクを着用します。
詳しい情報はこちら(独・仏)

 

Gondelbahn Savognin

クリーン&セーフ 観光サービス業界の取り組み

 

 

 

 

 

 

 

Clean & Safe


「スイス観光マネージャー協会 Verband Schweizer Tourismusmanager (VSTM) 」では、地方観光局や各種観光サービス団体・企業などに関して、安全基準・要綱を制定し、推進してまいります。

 

詳しい情報はこちら(独・仏・伊)