Hint

Intro

ローザンヌからモントルー郊外(シヨン城近郊)まで、レマン湖の上にのびる丘陵に葡萄畑が続く美しい風景で有名なラヴォー地区Lavaux。きらめくレマン湖と雄大なアルプスを眼前にテラスのように連なる葡萄畑と、ヴィレットVillette 、キュリーCully、リュトリLutry、リエ Riex 、リヴァRivaz、シェーブルChexbres、サン・サフォラン St.Saphorin など、葡萄農家が暮らす小さな村が織り成す景観の美しさだけではなく、ワインづくりの長い伝統と歴史を評価され、2007年に文化遺産として登録されました。

この地域は、ローマ時代までさかのぼる歴史を誇っており、現在の葡萄畑の原型は、この地を修道院が支配していた11世紀頃に形成されたものと考えられています。その後、何度も支配者は変りながらも、小さな村での葡萄づくり人の暮らしやワインづくりの伝統は、約1000年をこえる長い時の中でかわることなく、受け継がれてきました。

周囲の美しい自然とも共存し、地域の経済にも貢献しつつ、昔ながらの建物や伝統を守ってきたことは、急速な近代化により独自の文化が失われつつある現代においては、世界的にも希有な例として、文化的に高い価値を認められています。


ほかに類をみない絶景、そしておいしいワインを楽しめる「ラヴォー地区」は、観光にも人気のエリアです。とくに葡萄畑の間を縫うようにつくられた小道を歩くハイキングがおすすめ。中世の頃から続く伝統の葡萄畑と点在するかわいい村を訪ねてみましょう。

ラヴォー地区の情報 Lavaux 

INFO


<ユネスコ登録データ>
■登録名(英語):Lavaux, Vineyard Terraces
■登録年:2007年
■分類:文化遺産

※ワイン生産地としてラヴォー地区は、ローザンヌからモントルー郊外(シヨン城近辺)までのエリアですが、世界遺産に申請登録したのは、リュットリLutry、ヴィレットVillette、グランヴォーGrandvaux、キュリーCully、リエRiex、エペスEpesses、ピュイドゥーPuidoux、シェーブルChexbres、リヴァRivaz、サン=サフォランSaint-Saphorin、シャルドンヌChardonne、コルソーCorseaux、コルシエ=シュル=ヴヴェイCorsier-sur-Vevey、ジョンニーJongnyの14の自治体(村)となります。世界遺産登録指定保護地区のエリアは下記にてご確認ください。

ラヴォー/世界遺産登録指定保護地区

World Biosphere

World Heritage

Hint

Overview
ラヴォー地区の葡萄畑
Show on map

イメージギャラリー

ラヴォー地区の葡萄畑 のホテル

  • フェアモント・ル・モントルーパレス 5 Stars

    Recommended by Switzerland Tourism

    モントルー

    ラヴォー地区の葡萄畑 のホテル 詳細をみる
  • グラントテル・デュ・ラック 5 Stars

    Recommended by Switzerland Tourism

    ヴヴェイ

    ラヴォー地区の葡萄畑 のホテル 詳細をみる
  • ル・ミラドール・リゾート&スパ 5 Stars

    Recommended by Switzerland Tourism

    Le Mont-Pèlerin

    ラヴォー地区の葡萄畑 のホテル 詳細をみる
  • ボーリヴァージュ・パレス 5 Stars

    Recommended by Switzerland Tourism

    ローザンヌ

    ラヴォー地区の葡萄畑 のホテル 詳細をみる
  • ローザンヌパレス&スパ 5 Stars

    Recommended by Switzerland Tourism

    ローザンヌ

    ラヴォー地区の葡萄畑 のホテル 詳細をみる

INFO: ラヴォー地区の葡萄畑