ミュージアム(博物館・美術館)

84 Results found

84 Results found
84 Results found
  • ヴィンタートゥール写真美術館

    世界屈指の美術館があるヴィンタートゥールに1993年に開館した写真美術館。現代の写真家やアーティストたちが集うアートフォーラムであり、また19・20世紀の巨匠たちの作品を所蔵・展示する古典の写真美術館でもあります。
    詳細をみる: + ヴィンタートゥール写真美術館
  • チューリヒ美術館

    スイス最大規模のコレクションを誇るチューリヒ美術館。教科書でみたようなヨーロッパの美術史を彩る巨匠たちの傑作がそろっています。
    詳細をみる: + チューリヒ美術館
  • パウルクレー・センター

    その半生をベルンで過ごした画家パウル・クレーが残した全作品の約40%にあたる4000点以上所有する大規模な美術館。世界随一のコレクションを誇っています。センターの設計はイタリア人の国際的に有名な建築家レンゾ・ピアノ。ベルン郊外に広がる緑あふれる郊外の丘陵地に、3つの特徴的な波型屋根が連なる、ガラスとスチールを基調にした建物も注目されています。
    詳細をみる: + パウルクレー・センター
  • エリゼ写真美術館

    世界トップレベルの写真美術館。レマン湖を見下ろす広い庭園に囲まれた18世紀の美しい邸宅に、19〜20世紀の有名写真家たちのオリジナルプリントなど、約10万点のコレクションを所蔵しています。
    詳細をみる: + エリゼ写真美術館
  • ベルン美術館

    スイス最古の美術館。8世紀にも渡るヨーロッパの名画がそろうスイス屈指のコレクションです。ベルンにゆかりのある芸術家の作品も充実しています。
    詳細をみる: + ベルン美術館
  • バーゼル美術館

    多くのミュージアムが集結する古都バーゼルを代表する美術館。4000点の絵画、彫刻作品、30万点のデッサンやポスターなど、約700年に渡るアート・コレクションはヨーロッパ屈指のレベルを誇っています。芸術がまだ王侯貴族のものだった時代、バーゼルの法律家バジリウス・アマーバッハが蒐集した美術コレクションを1661年にバーゼル市とバーゼル大学が買い取り、美術館として1671年から一般公開された、世界最古の市民による公立美術館ともいわれています。2013年にはロンドンタイムズ紙が選ぶ世界の美術館ランキングで5位を獲得したほど。その珠玉のコレクションは専門家たちに高く評価されています。
    詳細をみる: + バーゼル美術館
  • バイエラー財団(美術館)

    バーゼル郊外のリーエン(リーヘ)Riehenにあり、ギャラリーを経営し敏腕ディーラーとして名を馳せたバイエラー氏が集めた約200点のコレクションを所蔵、展示する美術館です。
    詳細をみる: + バイエラー財団(美術館)
  • ベルン自然史博物館

    400万点のコレクションを誇る自然史博物館のメインは、世界中の鳥や動物の剥製をそれらが棲息する環境を再現したもの。ヨーロッパ最大級のジオラマ展示といわれています。アルプス山脈から発見された巨大水晶も必見です。
    詳細をみる: + ベルン自然史博物館
  • シヨン城

    Chillon Castle is located on a rock on the banks of Lake Geneva. The water castle is the most visited historic building in Switzerland. For nearly four centuries Chillon was the residence and profitable toll station of the Counts of Savoy.
    詳細をみる: + シヨン城
  • スイスアルプス博物館

    アイガー、メンヒ、ユングフラウ三名山を含めたベルナーアルプスの山々を望むベルンの中心地、ヘルヴェティア広場にある山岳博物館。スイスアルプスの世界をさまざまな角度から紹介しています。
    詳細をみる: + スイスアルプス博物館
  • メゾン・カイエ(チョコレート工場)

    古くからの牧童の暮らしと伝統が息づくグリュイエール地方の山里ブロBrocにある、スイスの老舗ブランド「カイエCailler 」のチョコレート工場に併設されたビジターセンター/ミュージアム。漂う甘いチョコレートの香りの中、カイエの製品やブランドの歴史などを通してチョコレートの世界を体験できる人気のスポットです。
    詳細をみる: + メゾン・カイエ(チョコレート工場)
  • レーティッシュ博物館

    1872年に開館したグラウビュンデン州立歴史博物館。17世紀に建てられた貴族の館に新石器時代からの考古学発掘品から19・20世紀までの各時代を代表する歴史資料を展示。豊かなグラウビュンデン州の歴史を物語る約10万点のコレクションを所有しており、常設展示のほか、テーマを決めて企画展も開催しています。
    詳細をみる: + レーティッシュ博物館
  • グレッチャーガルテン(氷河公園)

    ルツェルンの有名なライオン記念碑横の公園にあるミュージアム。2万年前の氷河期にできた巨大な穴や、氷河によって運ばれた石がそのまま残されています。鏡のラビリンス(迷宮)もあります。
    詳細をみる: + グレッチャーガルテン(氷河公園)
  • エスパス・バロン(熱気球博物館)

    1999年に熱気球による初の世界一周無着陸飛行を達成した時の記念すべき出発地でもあり、気球の里として知られるシャトデーにつくられた熱気球博物館。かつて市庁舎として使われていた村の歴史的な建物を利用して、2005年1月にオープンしました。
    詳細をみる: + エスパス・バロン(熱気球博物館)
  • Johanna-Spyri-Museum

    It is not only Heidi’s world, but also that of her creator that you get to know in Zürich’s Hirzel. This is where the little Johanna Louise Heusser went to school. Since 1981 the Johanna Spyri Museum has been located in the “Old School House”.
    詳細をみる: + Johanna-Spyri-Museum
  • Museum Engiadinais

    Discover the traditions on show in the Museum of Engadin in a state-of-the-art way: with an e-Guide available in seven languages.
    詳細をみる: + Museum Engiadinais
  • ラテニウム(考古学博物館)

    ヌーシャテル湖の底から紀元前500年頃ケルト文明の黄金期(ラ・テーヌ期)の遺跡が大量に発掘されました。青銅や金に精緻な文様を施した装飾品の数々を生み出したケルト文化の黄金期でもあり、素晴らしい発掘品の数々が素晴らしい状態で発見されましたが、その膨大な数ゆえに長い間、修復・調査に時間がかかり人目に触れることがありませんでした。そして発掘から約150年たった2001年、ついにヌーシャテル湖岸に貴重な発掘品の数々を展示する考古学博物館・研究センター「ラテニウムLaténium」がオープンしました。
    詳細をみる: + ラテニウム(考古学博物館)
  • イエニッシュ美術館

    ヴヴェイの駅前通りにある優美な邸宅に1897年にオープンした美術館。19、20世紀に活躍したホドラー、ヴァロットンなどスイス人芸術家やクールベ、ピカソなど外国人芸術家の絵画コレクションのほか、イタリア・オランダ・スイス・フランスの16〜19世紀のデッサン、レンブラントやデューラーなどの傑作を含む16〜20世紀の版画を展示しています。美術館はヴヴェイに暮らしたココシュカ財団でもあり、ココシュカの貴重な写真や絵画コレクションは必見です。
    詳細をみる: + イエニッシュ美術館
  • ル・コルビュジェ展示館

    近代建築の巨匠ル・コルビュジエ。有名な椅子などのコルビュジエ・デザインの家具を商品化した友人ハイディ・ウェバーHeidi Weberの依頼で設計された展示館。完成前に彼が亡くなってしまったため、彼が手がけた邸宅/建物としての最後の作品となりました。建築家としてだけでなく、芸術やデザインの分野でもすぐれた才能を発揮したアーティストとしてのコルビュジエを、数々の貴重な展示コレクションを通してみることができる貴重なミュージアムとなっています。
    詳細をみる: + ル・コルビュジェ展示館
  • アラーハイリゲン・ミュージアム

    シャフハウゼン旧市街の中心にある11/12世紀のベネディクト派修道院の建物にあるミュージアム。かつて修道院があらゆる知の殿堂であったように、ここには芸術、歴史、考古学、自然科学などすべての分野の文化遺産がまとめられています。常設展示のほか、年に6〜8回の企画展も開催。
    詳細をみる: + アラーハイリゲン・ミュージアム
  • ピエール・ジアナダ財団

    ローマの大都市だったマルティニで発掘された遺跡をそのままとりこんだ神殿のような建物に、貴重な考古学資料からクラシックカーコレクション、印象派から近代まで有名な巨匠たちの名作をそろえた美術館など、幅広い展示を誇る国際的に有名なミュージアムです。
    詳細をみる: + ピエール・ジアナダ財団
  • ムノート城(シャフハウゼン)

    街を中心にある円形の城は1377年から街を守ってきた城砦の一部。円形の城は、1527年にアルブレヒト・デューラーが発表した論文に基づいて1563〜85年に造られました。1799年オーストリアとフランスの戦いの時に破壊されましたが再建。美しいブドウ畑に囲まれた城壁の中はイベントなどが開催される市民の憩いの広場になっています。
    詳細をみる: + ムノート城(シャフハウゼン)
  • 国際時計博物館

    世界遺産に認定された時計産業の中心地にあたるラ・ショードフォンにあるスイス最大の時計博物館。4500点を超える時計コレクションを誇っています。
    詳細をみる: + 国際時計博物館
  • スイス国立博物館(チューリヒ)

    チューリヒ中央駅のプラットホームから見える古城風の建物が1898年に開館したスイス国立博物館。スイスの歴史と文化を紹介する膨大なコレクションを展示しています。2016年からはモダンな新館も完成し、展示スペースが増えました。
    詳細をみる: + スイス国立博物館(チューリヒ)
  • MASI Lugano – Museo d’arte della Svizzera italiana

    Since its founding, Museo d’arte della Svizzera italiana (MASI Lugano) has been a cultural crossroad between the north and the south of the Alps. With an extensive exhibition at its two locations, the museum offers a comprehensive programme with activities for visitors of all ages.
    詳細をみる: + MASI Lugano – Museo d’arte della Svizzera italiana
  • バーゼル薬学歴史博物館

    かつて学問の聖地として栄えたバーゼルの旧市街にある薬の博物館。中世の薬局、調薬などに関する歴史的な資料はヨーロッパ屈指のコレクションを誇っています。
    詳細をみる: + バーゼル薬学歴史博物館
  • ブルバキ・パノラマ

    1870〜71年の普仏戦争のワンシーンをエドゥアール・カストルEdouard Castresが10x110mの巨大キャンパスに描いたユニークなパノラマ図です。
    詳細をみる: + ブルバキ・パノラマ
  • Basel Historical Museum – Musikmuseum

    The Basel Historical Museum with its three sites is widely regarded as the most important museum of cultural history on the Upper Rhine. It collects, conserves, records and researches objects and artefacts of relevance to our cultural heritage for future generations, tells visitors the story of Basel, and is a place for discourse and engagement with both present and future.
    詳細をみる: + Basel Historical Museum – Musikmuseum
  • ネスト(ネスレ・ミュージアム)

    ネスレ創業150周年を祝う特別プロジェクトとして2016年6月15日に誕生したミュージアム。ヴヴェイ駅裏の旧・工業地区で、創業者アンリ・ネスレが開発した世界初の粉ミルクの製造がおこなわれた工場と最初のオフィスがあった「ネスレの原点」ともいえる始まりの地につくられました。3つの歴史的な建物をつなぎ、4つの展示で構成されたミュージアムのほか、イベントスペース、カフェ・レストラン、ラウンジ、テラスなどがあり、創業時から近未来のビジョンまで、スイスが誇る産業遺産としてのネスレ・ブランドの全てを体験できます。
    詳細をみる: + ネスト(ネスレ・ミュージアム)
  • ミュゼ・シーマ(オルゴール自動人形博物館)

    ジュラの山村サント・クロワは、時計の技術から発展をとげたオルゴール産業の中心地。かつての工場跡につくられた博物館でオルゴール、時計、からくり人形や自動人形の銘品をみることができます。
    詳細をみる: + ミュゼ・シーマ(オルゴール自動人形博物館)