スイスの町や村

247 Results found

247 Results found
247 Results found
  • オーバーエンガディン地方

    ロマンシュ語で"イン河の庭"を意味するエンガディン地方。マローヤ峠を源流にオーストリアでドナウ河に合流するイン河に沿ってのびる山間の長い谷で、レート・ロマンシュ語の一種を話す地域です。オーバー(上)とウンター(下)の2つのエリアに分かれており、河の上流にあたる南側の方をオーバーエンガディンと呼んでいます。
    詳細をみる: + オーバーエンガディン地方
  • ツェルマット Zermatt

    名峰マッターホルンを抱くツェルマットはアルプス観光の王道です。環境に配慮したガソリン車乗り入れ禁止のリゾートで、静かな環境と清らかな空気が保たれています。
    詳細をみる: + ツェルマット Zermatt
  • アレッチ地方

    ナテールからフィーシュまでローヌ谷の高地に広がるスイス最大・最長のアレッチ氷河を中心とする山岳リゾート。アレッチ氷河やアレッチ森、ユングフラウからレッチェン谷まで続くアルプスの山々が連なる広大なエリアは「「スイスアルプス・ユングフラウ=アレッチ」として世界遺産に登録されています。
    詳細をみる: + アレッチ地方
  • レンツァーハイデ/ヴァルベッラ

    The idyllic, park-like countryside of the high valley of Lenzerheide provides the perfect setting for experience-packed and relaxing holidays. In winter a varied ski region awaits winter sports enthusiasts on both sides of the valley.
    詳細をみる: + レンツァーハイデ/ヴァルベッラ
  • Braunwald

    グラールス南部、リーンタールとリュッティの間にある山村。陽光の降り注ぐテラスのような土地にあり、南側にそびえるグラールス・アルプス(グラナーアルペン)の名峰テーディTödiの美しい姿が広がる展望ポイントとして知られています。ガソリン車乗り入れ禁止リゾートです。
    詳細をみる: + Braunwald
  • Zuoz

    言語:ドイツ語/ロマンシュ語 | カントン:グラウビュンデン州 (GR) | 標高:1716m オーバーエンガィン地方で最も美しい村といわれるツオーツ。ベーヴァーからシュクオールまで結ぶレーティッシュ鉄道の沿線になります。泉のある村の広場を中心に、1570年代に建てられた「ホテル・クルシュアルヴァ Hotel Crusch Alva」など、16世紀前後の歴史的な建物や見事なスグラフィット装飾で彩られた家々が数多く残っています。この地をおさめていた貴族のプランタ家の足跡も随所に感じられるでしょう。ホテルも多く、エンガディン地方の観光拠点のひとつです。近郊には、ラ・プント La Punt、マドゥラインMadulain、シャンフ S-chanfなど、かわいい村々が点在しています。
    詳細をみる: + Zuoz
  • ツェルネッツ

    The picturesque Engadine village of Zernez is the gateway to the Swiss National Park, Switzerland’s biggest nature preserve. But Zernez is also an ideal starting point for journeys of discovery in the Engadine and the Switzerland – Italy - Austria three-country-triangle.
    詳細をみる: + ツェルネッツ
  • アスコーナ

    言語:イタリア語/カントン:ティチーノ(TI)/標高:196m マッジョーレ湖畔にある美しいリゾート。 鉄道の通っていない町ですが、多くの芸術家や思想家が集った土地で高い文化レベルを誇っています。ロカルノからバスまたはタクシーで約5〜10分。印象的な時計塔や壁画がある教会や、バロックの傑作といわれる17世紀の邸宅、ルネサンス様式の修道院(現在は学校)、16世紀の邸宅をいかした美術館など、随所に中世の面影が残されています。 ボルゴ Borgo と呼ばれる旧市街からルンゴラーゴ Lungolago と呼ばれる湖岸の通りまで、路地に並ぶおしゃれなショップやレストランを訪ねながら散策してみましょう。マッジョーレ湖のボートクルーズや、周辺の地域への多彩なエクスカーションもおすすめ。また、四季折々に開催される伝統の祭りやイベントも楽しみのひとつです。
    詳細をみる: + アスコーナ
  • Flims

    言語:ドイツ語・ロマンシュ語/カントン:グラウビュンデン(GR)/標高:1081m 約1万年前の山崩れで形成された段丘にあるフリムスは、深い森と美しい湖が特徴の静かな山里。19世紀にヴァルトハウスの保養所ができて観光が発展していきました。現在では隣接するラークス、ファレーラとあわせて広大なゲレンデを誇るスノーリゾートとして世界的に知られており、Xboxの人気スノーボードゲームの舞台になったほどです。 冬の雪景色も雄大ですが、春から秋には宝石のような青緑の色をたたえるカウマ湖や “スイスのグランドキャニオン”といわれる石灰岩の雄大なライン峡谷など、より魅力的な大自然を満喫できるでしょう。モダンな建築のアートセンター、郷土博物館(ラークス)、巨石遺跡(ファレーラ)など文化的な見どころも豊富です。
    詳細をみる: + Flims
  • Klosters

    言語:ドイツ語/カントン:グラウビュンデン(GR)/標高:1179m プレッティガウ谷の端に位置し、北にそびえるマドリーザホルンがオーストリアとの国境にあたるクロスタースは、ダヴォスに隣接するアルプスのリゾートで、美しい大自然と木造のシャレーが建ち並ぶ素朴な山里の雰囲気が魅力です。 英国のチャールズ皇太子がスキーを楽しみに冬の休暇によく訪れていることでも有名。冬のスキーやソリなどはもちろん、ハイキングや馬車など1年を通して多彩なアクティビティが楽しめます。
    詳細をみる: + Klosters
  • Engelberg

    言語:ドイツ語/カントン:オプヴァルデン(OW)/標高:1015m “天使の山”という意味をもつエンゲルベルクは、山に囲まれた谷間に12世紀のベネディクト派修道院を中心に発展した山里。名峰ティトリス山を中心とする一帯は、年間を通してスノースポーツが楽しめるリゾートとしても知られています。
    詳細をみる: + Engelberg
  • Arosa

    言語:ドイツ語/カントン:グラウビュンデン(GR)/標高:1775m ダヴォスの裏側にあたるシャンフィック谷の奥。美しい自然に抱かれたアローザは、素朴な山里の雰囲気を満喫できるマウンテンリゾート。ハイキングやサイクリング、ゴルフ、パラグライダー、熱気球、スキーやスノーボードなど、大自然の中で多彩なアクティビティが楽しめるのが最大の魅力です。ロープウェイで結ぶヴァイスホルンやヘルンリなどの展望台からはアルプスの絶景パノラマが広がっています。
    詳細をみる: + Arosa
  • ダヴォス

    言語:ドイツ語/カントン:グラウビュンデン(GR)/標高:1560m 山々にはさまれた谷あいの小さな村ダヴォスは、世界経済フォーラムが開催されることで有名なスイス屈指の山岳リゾート。プラッツとドルフの2地区に分かれており、雄大な自然の中でハイキングやサイクリング、スキーなど多彩なアクティビティが楽しめます。 美しい自然に抱かれた山間の小さな村からは周囲に広がる山々やのどかな谷へのエクスカーションが魅力。ヤコブスホルンJakobshorn、シャッツアルプSchatzalp、ヴァイスフルーヨッホWeissfluhjochなど山頂の展望台にはロープウェイが結びます。ポストバスでもアクセスできる素朴な谷、セルティックタール(セルティック谷)やディッシュマタール(ディッシュマ谷)へは、のんびりハイキングやサイクリング、馬車旅などがおすすめ。
    詳細をみる: + ダヴォス
  • グレッヘン/ザンクト・ニクラウス

    ツェルマットまで続くマッター谷の入口にあるザンクト・ニクラウスSt.Niklausの上に位置する山村。晴天率が高く、澄み切った山の空気が健康に良いリゾートとして知られています。
    詳細をみる: + グレッヘン/ザンクト・ニクラウス
  • Aigle

    言語:フランス語/カントン:ヴォー(VD)/標高:415 m レマン湖の西、古くから交通の要所として栄えたアルプスの玄関口。小高い丘の上にあるエーグル城の周囲に美しい葡萄畑が広がるワインの名産地です。12/13世紀頃に城塞として建てられ15世紀から領主の居城として発展した古城は葡萄とワイン造りの歴史を伝える博物館になっており、隣接するディームの館には世界各国のワインラベルを集めた博物館と地ワインが楽しめる小さなレストランもあります。14世紀に再建されたゴシック様式の教会のほか、石畳の小道やアーケード、由緒ある邸宅などが残る地区などに中世の面影を見ることができます。
    詳細をみる: + Aigle
  • Bischofszell

    The city of Bischofszell lies on a terrace presiding over the confluence of the Sitter and Thur Rivers. The city won the Wakker Prize in 1987. Walks and extensive hiking tours that start in Bischofszell let visitors explore and enjoy the scenic riverine landscape.
    詳細をみる: + Bischofszell
  • Randa

    The village and its many hamlets was founded in 1290, but was first documented in 1305. Together with Täsch it belonged to the municipality of Naters until 1552, at which point it became part of the municipality of Visp. The name Randa probably comes from the word "Rand" meaning border. The extended Baroque church, built in 1717, is a real gem.
    詳細をみる: + Randa
  • St-Cergue

    レマン湖に上に広がるジュラ山脈の裾野にある山村。昔ながらの牧畜を中心とした伝統の暮らしが息づいています。
    詳細をみる: + St-Cergue
  • Guarda

    Guarda in the Lower Engadine is so beautiful a village that it was awarded the Wakker Prize. It also received the distinction «Of national importance». One of its stately houses inspired Alois Carigiet when he drew the home of Schellenursli.
    詳細をみる: + Guarda
  • Orsières

    At an altitude of 900 metres, Orsières is home to a number of architectural treasures, the undisputable jewel in the crown being the church and its bell-tower.
    詳細をみる: + Orsières
  • Sierre

    Siders (French: Sierre), pleasantly situated on a number of hills and nestling among vineyards, is a small town in the Valais blessed with a great deal of sunshine. Wine-growing and cultural events are both of great importance here. Thanks to its central position, Siders is also an ideal starting point for lots of excursions.
    詳細をみる: + Sierre
  • Sarnen

    Surrounded by stunning mountain scenery and the beautiful lake with the same name, Sarnen is the perfect holiday destination.
    詳細をみる: + Sarnen
  • Leuk

    Leuk-City and Susten: two villages, one community - right in the heart of Valais. On average there are 3,500 hours of sunshine, an ideal precondition for growing grapes for the production of excellent wine, for rare plants, and for more than 130 species of birds.
    詳細をみる: + Leuk
  • トゥルン Trun

    言語:ロマンシュ語/独語 | カントン:グラウビュンデン(GR) | 標高:852m クールから西に流れる前ライン河(フォーダーライン)の谷間に位置するスルセルヴァ地方にある山間の村。氷河特急の走るレーティッシュ鉄道のクール=ディゼンティス線の沿線で、ロマンシュ語の伝統が今も息づいています。 子供の本やポスター、油絵など、心暖まる絵を描き続けた画家アロイス・カリジェの故郷としても有名。村にはカリジェがデザインしたといわれる泉や生家、お墓のある教会などのほか、学校や個人宅に描き残された壁画の数々を訪ねることができます。 生家の斜め向かいにあるスルシルヴァン博物館はグラウ連合(グラウブント)の州判事室としても使われていた由緒ある建物で、中にはカリジェの作品や、この地方の歴史を伝える民具や家具、武器など幅広いコレクションが展示されています。
    詳細をみる: + トゥルン Trun
  • Brontallo

    Thanks to projects to enhance the landscape and regional development, Brontallo today shines in all its glory; welcoming visitors to authentic beauty, charm, culture and an overall enchanting landscape.
    詳細をみる: + Brontallo
  • Diemtigtal

    The Diemtigtal, winner of the 1986 Wakker Award, is an idyllic, 16-km long side valley of the Simmental Valley, which is noted for its natural beauty. There are many offers, which are compatible with sustainable tourism, all of them ideal for families and vacationers in search of rest and relaxation.
    詳細をみる: + Diemtigtal
  • Indemini

    In Indemini, the houses are all built of local grey gneiss rock, with slate roofs and wooden outbuildings. This typical Ticino village with its twisty alleyways is in a quiet, almost lonely location behind the hills of the Gambarogno south of Lake Maggiore.
    詳細をみる: + Indemini
  • Gletsch

    言語:ドイツ語/カントン:ヴァレー(VS)/標高:1759m オーバーゴムス地方にある山村。ローヌ氷河の麓にあったことから、19世紀にオーバーヴァルトからフルカ峠やグリムゼル峠に抜ける道が整備されたことから、ローヌ氷河見物の多くの観光客で賑わい栄えました。 その中心にあったベルエポック様式の『ローヌ氷河ホテル Hotel Glacier du Rhône 』という名前の伝統ホテルは今も健在。かつてはホテルの真横に氷河がありましたが、現在はかなり奥の方に氷河が見えます。氷河が後退していった場所は自然保護指定の湿地帯になっています。今は、復活した氷河特急の旧線を走る蒸気機関車「フルカ山岳蒸気鉄道」発着駅としても人気です。
    詳細をみる: + Gletsch
  • Stampa

    言語:イタリア語/カントン:グラウビュンデン(GR)/標高:994m マローヤ峠からイタリアのキアヴェンナまで約1500mの標高差を下りながらのびるブレガリア谷の真ん中に位置する村。アウグスト、ジョヴァンニ、アルベルトとそろって有名なアーティストであるジャコメッティ家の故郷で、生家やアトリエがあります。 谷の自然や歴史を紹介する郷土博物館「チエーザ・グランダCiäsa Granda」には彼らの貴重な作品を集めた展示室も併設。お墓のある隣村ボルゴノーヴォの教会ではアウグスト・ジャコメッティのステンドグラスをみることもできます。18・19世紀に建てられた印象的な「パラッツォ・カステルムールPalazzo Castelmur」があり、現在は博物館として一般公開されています。
    詳細をみる: + Stampa
  • Feldis / Veulden

    Beautiful, rural, natural: The small mountain village of Feldis, located on a sunny terrace at the heart of Graubünden - an oasis of tranquility set amid a majestic high Alpine backdrop.
    詳細をみる: + Feldis / Veulden
  • Morges

    言語:フランス語/カントン:ヴォー(VD)/標高:374 m ローザンヌとニヨンの間にある湖畔のかわいい町。4〜5月はチューリップ・フェスティバル、6〜7月は郊外のヴュイユラン城でアイリス、エメロカルが満開になり、8〜10月は湖畔にダリアの花が咲き誇り、いつも花の見どころが絶えないことから“レマン湖の花”と呼ばれています。 13世紀からサヴォイア家が築いた古城や街並が今も残っており、16世紀の市庁舎や18世紀の教会など歴史的な建物が並ぶ旧市街で水・土曜に開催される朝市もおすすめ。オードリー・ヘプバーンが晩年暮らした村トロシュナ Tolochenazは歩いて約10分。そのほか、美しい城が点在する周辺は「ラ・コートLa Côte」と呼ばれるワインの産地としても有名です。
    詳細をみる: + Morges
  • グリンデルワルト

    言語:ドイツ語/カントン:ベルン(BE)/標高:1034m アイガー北壁とヴェッターホルンを眼前にして、2つの氷河が迫りくるアルプスの村グリンデルワルト。ユングフラウ地方を観光する拠点として絶大な人気を誇っています。アルピニズムや山岳観光とともに発展した村は、冬季観光のさきがけとしても知られています。フィルスト、ユングフラウヨッホなど魅力あふれるエクスカーションが楽しめるでしょう。 黄色の花が絨毯のように咲き誇る春、高山植物が咲き太陽がキラめく夏、木々が色づくロマンティックな秋、雪山の雄大な美しさを体感する冬と、四季折々の美しい風景の中で、多彩なアクティビティが満喫できます。日本人観光客が多く、村内では日本語の看板もよく見られます。日本の松本市(旧安曇村)と姉妹都市。
    詳細をみる: + グリンデルワルト
  • Simmental

    Traveling from Lake Thun in a westerly direction, the Simmen Valley opens up. The pyramid-shaped Niesen and the Stockhorn preside over the imposing entrance to the valley. The hiking-mountain and vantage point beckon with an imposing panoramic view of 200 peaks.
    詳細をみる: + Simmental
  • Savognin

    The old Graubünden mountain village of Savognin is a lovely area in which to walk during the summer. The winter sports arena with its especially wide pistes attracts skiers, carvers and snowboarders, but also offers non-Alpine skiers a wealth of diversity.
    詳細をみる: + Savognin
  • Bremgarten AG

    The historic little town of Bremgarten is situated about 20km west of Zurich. Surrounded on three sides by the River Reuss, its pedestrianised Old Town is a cultural heritage site of national importance. The famous fairs attract thousands of visitors every year.
    詳細をみる: + Bremgarten AG